注目のニュース

67
観光

シンガポールで行われている観光開発とは?

世界でも最も人気がある観光地の1つ、シンガポール。観光客にとって多くの魅力的で興味深いスポットが存在するこの地では、観光は3種類に分けられます。すなわち国内、アウトバウンド、インバウンドです。多くの人が海外への観光を好み、シンガポールでは毎年多くの旅行が手配されています。シンガポールは自然愛好家にとっては素晴らしい旅行先です。しかしシンガポールでは様々なイベントが行われ、忘れられない体験をすることも可能です。シンガポールへの旅の計画を立てる前に、どのような体験ができるかチェックする必要があります。そうすれば、限られた予算内でしっかりと計画を立てることができるでしょう。 様々な観光スポットを発見する: シンガポールで興味深いスポットと言えば、マーライオンパーク、ジュロン・バードパーク、シンガポール動物園、シンガポール・フライヤー、博物館などがあり、観光客は様々なタイプのアトラクションを楽しむことができます。また、カジノでお金を手軽に稼ぐことも可能です。懐を潤すには素晴らしい選択肢でしょう。カジノはお金を稼ぐチャンスを提供してくれます。また、住民とのコミュニケーションによってスキルを高めることができるかもしれません。その他には、文化的なスポットや自然豊かな観光地を訪れてもいいでしょう。観光客の数は毎年増加しており、他の国を訪れた場合と比べて、シンガポールではエキサイティングな体験をすることができるかもしれません。シンガポールのツーリズムは多様な旅行に対応しています。家族旅行として訪れても思い出深い旅になることでしょう。 カジノにお金を使う観光客: シンガポールには毎年多数の観光客が訪れます。ショッピング、飲食、宿泊にお金を使う観光客もいますが、大多数の人はゲームやエンターテイメントを提供する場所に時間を費やしています。カジノは観光客に人気のあるギャンブルスポットです。海外からの観光客は、お気に入りのゲームを楽しもうとカジノを訪れます。ゲームでは新たな経験を積むことができて、プレイヤーはカジノでより多く稼ぐ可能性もあります。観光客向けカジノは数多くあり、多くの訪問者はギャンブル場でチップを片手に楽しみます。ゲームを楽しめてお金を稼ぐことができるカジノでは、ユニークで素晴らしい体験ができることでしょう。また、カジノ会場ではさまざまな国のプレイヤーとギャンブルを楽しむことができます。 シンガポールでカジノを楽しむ理由とは? オンラインカジノには様々な選択肢があり、迅速なペイアウトや取引、プロモーション、ボーナス、スリリングなゲーム体験を得ることができます。スポーツをするにも多くの選択肢があり、自分の好きな場所でプレイできて1日中いつでも利用可能なのが特徴です。さらに無料版のゲームを試して、スキルアップを図ることすらできます。また、ウィニングオプションも複数用意されており、利用できるゲームの検索や予算に合うぴったりのゲームを選択できるようサポートしてくれます。 様々なオンラインカジノが存在し、スロットゲームで楽しく遊ぶこともできます。最新技術を用いたゲームやマシンで遊べることもできるため、ご家族と一緒に最高のプランを選び、楽しい旅になるようにしましょう。

64
観光

シンガポールの発展と楽しい体験

「ライオンの町」を意味するシンガプーラとしても知られるシンガポールでは、ユニークな観光が楽しめます。シンガポールでは経済的、伝統的ツーリズムという面において、非常に多様性があります。かつては、チャイナタウン、カンポン・グラム、アラブレーン(ハジレーン)、リトル・インディアといった地域に住む人たちは少数民族でした。現地を訪れたらまず、あなたはきっと伝統的衣装や書道などの中国文化を気に入ることでしょう。次にリトル・インディアでは貴重なサリーや宝石など多彩なものを購入できます。最後にカンポン・グラムやミドルイースト・ロードに行ってみましょう。ここではバザール風のショッピングが楽しめて、インドネシアから来た上質な手作りバティックを手に入れることができます。 最も人気のある観光地の1つであるマーライオンは豊かな歴史を持つことで知られ、観光客らを魅了しています。また、2008年9月には初のF1シンガポールグランプリ(SingTel F1ファンタスティックアワード)が開かれ、以降毎年恒例となっています。F1史上初めて夜に開催されたこのレースは、アジア、そして世界を代表するナイトレースになりました。 待望の2つのイノベーション: The Marina Narrows Sandsは世界的に有名な豪華リゾートです。また、セントーサ島は東南アジア有数の観光地であり、世界最大級の水族館があることでも知られています。6つの宿泊施設はメインとなる全体的なスタジオのテーマです。2010年の今年は、インレットに3つのMarina Narrows Promenade gardensがあります。 開発スケジュール シンガポール政府は、シンガポールの観光産業において、あらゆるケースやイノベーションに対応・管理し、計画を実現化するため、人材強化と資産のセグメントを有するシンガポール政府観光局(STB)を設立。 セグメントの長期的な改善点としては、推進、利益効率、必要な手配、企業の取り決めが含まれ、観光産業の活性化を目指しています。シンガポール政府は観光産業をさらに発展させるため、いくつかのイベントを企画しており、これらのイベントの調整を効率的に行う必要があります。 F1やチンゲイ・パレードのような大規模イベントにおいて、シンガポールは大きな役割を果たしています。ユースオリンピックは今後におけるチャンスだと言えるでしょう。多くの観光客にとって都合がつきやすいよう、STBは大きなイベントが重ならないよう、各イベントの開催期間の調整を図る必要があります。 開催可能なイベント自体は多くはないものの、シンガポールにとっては大きなチャンスであることを考慮して、STBはこれらのイベントを開催する可能性が高まるよう、準備を行うことを求めています。そのため、シンガポール政府が組織的な役割を果たし、シンガポールの観光産業の振興を支援しているのです。 開発会社 同国の観光産業は、安全で素晴らしい都市であるというシンガポールのイメージがより広がるよう、取り組みを進めています。シンガポール政府はストリート アセスメントを利用してルートを継続的に見直し、排水の共同投資計画を推し進め、安全な国であるというイメージを壊さないよう十分な高架橋を建設しています。

58
観光開発

シンガポールで開発が進む観光業の種類について

今日、観光産業は世界の主要産業の一つとなっています。世界的な影響力を維持していくためには、シンガポールは観光業の重要性を考慮し、推進していく必要があります。シンガポールはその国土面積は小さいものの、世界で最も急速に成長している国の1つでもあります。 シンガポールの観光産業は成長を続けています。同国の国内総生産 (GDP) に占める割合が約8%と低いことを考慮して、貿易力と経済力を示す重要なショーケースとして、また、東南アジアにおける娯楽、メディア、文化の中心として、シンガポールの観光産業は今後も永く続いていくことが考えられます。 シンガポール政府観光局は、2005年に観光収入を300億ドル、観光客による収入を2倍にすることで、観光産業を経済の中核的な柱にするという目標を宣言しています。 2009年の観光産業の経済成長への貢献度は7.3%で、全体の求人の5.8%でした。2004年の4.1%と比較して、2009年には7.3%へと上昇傾向にあることが明らかになっています。このことから、シンガポールがいかに観光産業から影響を受けてきたか学ぶことができます。しかし、今日のシンガポールにおける観光の影響を理解するには、シンガポール観光の魅力とそれがもたらしたものを考える必要があります。 観光スポットの種類 このエリア方面への旅行を考える人にとってシンガポールは候補になりやすいため、シンガポールの観光産業にとってメリットがあります。シンガポールは東南アジアの中でもトップクラスの地域であり、シンガポールはその恩恵を認識しながら、長年にわたって多くの重要な観光地を生み出してきました。 シンガポールには非常に多くの観光名所があるため、自然の観光地と人工の観光地の2種類の主要なグループに限定し、少なくとも3つの観光地の例を挙げてみましょう。 自然の観光地はより面白い観光スポットと言えるでしょう。自然に焦点を当てた観光地は通常、教育、レジャー、冒険の3つの要素を取り入れています。こういった観光地には人の手がほとんど入っておらず、自然を愛する人にとっては最適な観光地です。高度に経済発展している一方で、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、植物園、セントーサ島など、多くの観光地が残っています。 自然観光地として最初に挙げたいのはまず、国立公園のガーデンズ・バイ・ザ・ベイです。数々の植物を展示したこの公園は地元の人々や外国人観光客を惹きつけ、観光客は楽しむと同時に学ぶこともできる先進的な施設となっています。植物園には世界中から集められた多種多様な植物が展示されています。 アジアで一番人気のガーデン・デスティネーションを設立・運営している点でこの公園は、特別な存在です。その展示される植物の多様さから、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」を訪れることは、世界中のあらゆる庭園を訪れることだとも言えるかもしれません。 民族文化庭園、国立蘭園、ジンジャー・ガーデンズなど、数多くの種類の庭園からなる植物園は、きっと思い出に残るであろう観光地です。シンガポールとその周辺地域の農業生産を支えるために、役に立つ可能性のある植物を収集、開発、実験、出荷するという重要な役割を果たしています。

66
観光開発

シンガポールの観光開発とエキサイティングな重要情報

旅行・観光産業は世界中で雇用を創出し、経済の原動力となり、成功を収めています。WTTC(世界旅行ツーリズム協議会)によると2017年、旅行・観光産業は世界のGDPの10.4%を占め、企業の9.9%または3億1300万人が雇用されています。シンガポールは1970年代の間、観光振興戦略と名付けて観光部門に約10億ドルの予算を投じてきました。これにはチャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートなどシンガポールが誇る観光地の整備が含まれています。こういった事業は長期的な経済への影響を予測するのが難しいものの期待外れに終わることはなく、シンガポールの観光事業は成長を見せ、経済に大きな影響を与えるようになっています。 シンガポールの1人あたりの総所得はアジアでも突出しています。また、世界の主要な貿易拠点であり、交通の要所でもあります。 2017年度のシンガポールのGDPに対する旅行・観光全体が占める割合は10.2%であり、435億シンガポールドル(315億米ドル)となっています。また、642億シンガポールドル (465億米ドル)は2018年までに3.5%上昇し、2028年までにGDPは11.4%に達すると予測されています。  シンガポールの国際空港であるチャンギ空港は、450以上の賞を受賞しており、世界で最も優れた空港の1つに数えられています。 チャンギ空港には100社以上の航空会社が就航しており、2020年までには、年間1億3,500万人の乗客に対応するために、その収容能力を2倍に増やすことが計画されていました。 シンガポールは2017年も引き続き多くの人々から熱い視線を向けられています。127万人以上のインド人観光客がシンガポールを訪れ、インドはシンガポールにとっても3番目に大きな広告ソースとなっています。インド人観光客はシンガポール最大のリモート広告ネットワークであるSingapore Pay Chang (シンガポール政府観光局・南アジア・中東・アフリカ局長)と競っています。2010年以降、シンガポールはヨーロッパで最も急成長している旅行先の一つとなっています。アジアへの長距離旅行は2010年から増加しており、ヨーロッパのすべての海外旅行者の6%以上を占めています。 シンガポールの観光産業 ヨーロッパからの観光客の多くはツアーでシンガポールを訪れ、観光に費やす時間は通常3~4日です。ヨーロッパからの観光客のほとんどは、ヨーロッパの厳しい冬を避けるため、1月頃からシンガポールを訪れます。ヨーロッパは国内最大のアウトバウンドツーリズムを表すものの一つであり、2014年に海外に向かった旅行者は5億8000万人を超えています。EU経済がアジアへの長距離旅行を取り戻しつつある中、ヨーロッパの旅行者にとって魅力的であり続けています。ヨーロッパの観光客にとってシンガポールは最高の要件であると認識されています。 2016年には、国際観光収入は外国貿易よりも急速に成長し、世界シェアを四年連続で7%伸ばしています。世界の観光業全体の売上高は1兆4000億ドルで約3.9%がシンガポールです。

71
シンガポール観光

シンガポールの観光とその成長の過程

東洋と西洋が融合した世界有数の都市、シンガポール。1819年にイギリスによって貿易植民地支配が始まったこの都市は、独立以来、世界でも最も安定した都市国家となり、人気の観光地の1つとなっています。シンガポールには、法を犯す市民や観光客への政府による厳しい法律がありますが、法律を守る旅行者はその魅力に取りつかれています。 シンガポール・フライヤーの優位性には、驚くべきものがあります。1つのカプセルが28人乗りで、高さは165メートル(541フィート)のこの観覧車は、2008年の開業時には世界で最も注目されました。フライヤーは、事前に連絡することで車椅子の観光客にも対応しています。Marina Coveにある3階建てのターミナルビルの上に建設され、レストラン、ショップ、その他の管理機関で構成されています。 サファリシーン ナイトライフは好きだけどクラブシーンには飽きたという観光客には、夜の動物たちの姿を見ることができるナイトサファリがおすすめです。1984年にオープンしたこの施設は、7つのエリアをケーブルカーで移動。年間100万人以上が年間パスを購入するシンガポール最大のアトラクションの1つとなっています。ゲストは案内に従って動物の性質などを知ることができます。絶滅に瀕している絶滅危惧種を保護する施設としての役割を果たしているエリアもあります。3つのレストランで提供されるメニューやエンターテイメントは、野生動物や熱帯雨林の生活を表現したものとなっています。 シンガポールの植物園 旅の予算が限られている場合、そのほとんどで入場料が必要ない植物園を楽しむことができます。シンガポール国立蘭園には6万本の植物が栽培され、幼苗が世界中から集められています。Gardens by the Coveは、シンガポールの移り変わる観光地は後回しになるかもしれませんが、ぜひ子連れで訪れたい場所です。Gardens by the Narrowsはシンガポール中心地にオープンしてから10年未満で確立された存在になっています。ここには3つの庭園があります。すなわち、水辺の遊歩道があり、最終的には他のDeux gardens とつながる予定のCove Central、その一部として開かれているInlet East、最大の作物が熱帯作物で栽培される、樹齢50年の木のような施設Inlet Southがあります。 ホテルウェイジャー コロニアル風の華やかなラッフルズホテルは、1887年のオープンからまもなく、ラドヤード・キップリング、サマセット・モーハム、アーネスト・ヘミングウェイなどが滞在しました。シンガポールカクテルが作られた「ロングバー」には、15軒のレストランと贅沢なバーが連なっています。Wagers Innは東南アジア文化をゲストに案内するシーク教徒のコンシェルジュを含め、素晴らしい場所です。

More Posts

住所

2-1-1 Nihonbashi Muromachi | 38F, Mandarin Oriental Tokyo, Chuo 103-8328, Tokyo Prefecture

所在地 +81 3-3270-8188

Eメール yashiro@yureiga.com

カテゴリー

To Top