観光開発

シンガポールの観光事業と経済のつながり

旅行・観光産業は世界中で雇用を創出し、経済の原動力となり、成功を収めています。WTTC(世界旅行ツーリズム協議会)によると2017年、旅行・観光産業は世界のGDP10.4%を占め、企業の9.9%または31300万人が雇用されています。シンガポールは1970年代の間、観光振興戦略と名付けて観光部門に約10億ドルの予算を投じてきました。

これにはチャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートなどシンガポールが誇る観光地の整備が含まれています。こういった事業は長期的な経済への影響を予測するのが難しいものの期待外れに終わることはなく、シンガポールの観光事業は成長を見せ、経済に大きな影響を与えるようになっています。

  • シンガポールの1人あたりの総所得はアジアでも突出しています。また、世界の主要な貿易拠点であり、交通の要所でもあります。

  • 2017年度のシンガポールのGDPに対する旅行・観光全体が占める割合は10.2%であり、435億シンガポールドル(315億米ドル)となっています。また、642億シンガポールドル (465億米ドル)2018年までに3.5%上昇し、2028年までにGDP11.4%に達すると予測されています。 

  • シンガポールの国際空港であるチャンギ空港は、450以上の賞を受賞しており、世界で最も優れた空港の1つに数えられています。

  • チャンギ空港には100社以上の航空会社が就航しており、2020年までには、年間13,500万人の乗客に対応するために、その収容能力を2倍に増やすことが計画されていました。

シンガポールは2017年も引き続き多くの人々から熱い視線を向けられています。127万人以上のインド人観光客がシンガポールを訪れ、インドはシンガポールにとっても3番目に大きな広告ソースとなっています。インド人観光客はシンガポール最大のリモート広告ネットワークであるSingapore Pay Chang (シンガポール政府観光局・南アジア・中東・アフリカ局長)と競っています。2010年以降、シンガポールはヨーロッパで最も急成長している旅行先の一つとなっています。アジアへの長距離旅行は2010年から増加しており、ヨーロッパのすべての海外旅行者の6%以上を占めています。

シンガポールの観光産業

ヨーロッパからの観光客の多くはツアーでシンガポールを訪れ、観光に費やす時間は通常3~4日です。ヨーロッパからの観光客のほとんどは、ヨーロッパの厳しい冬を避けるため、1月頃からシンガポールを訪れます。ヨーロッパは国内最大のアウトバウンドツーリズムを表すものの一つであり、2014年に海外に向かった旅行者は58000万人を超えています。EU経済がアジアへの長距離旅行を取り戻しつつある中、ヨーロッパの旅行者にとって魅力的であり続けています。ヨーロッパの観光客にとってシンガポールは最高の要件であると認識されています。

2016年には、国際観光収入は外国貿易よりも急速に成長し、世界シェアを四年連続で7%伸ばしています。世界の観光業全体の売上高は14000億ドルで約3.9%がシンガポールです。

最も人気

住所

〒103-8328 東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリンオリエンタル東京38F
電話:03-3270-8188

Eメール yashiro@yureiga.com

カテゴリー

To Top