観光

シンガポールの発展と楽しい体験

「ライオンの町」を意味するシンガプーラとしても知られるシンガポールでは、ユニークな観光が楽しめます。シンガポールでは経済的、伝統的ツーリズムという面において、非常に多様性があります。かつては、チャイナタウン、カンポン・グラム、アラブレーン(ハジレーン)、リトル・インディアといった地域に住む人たちは少数民族でした。現地を訪れたらまず、あなたはきっと伝統的衣装や書道などの中国文化を気に入ることでしょう。次にリトル・インディアでは貴重なサリーや宝石など多彩なものを購入できます。最後にカンポン・グラムやミドルイースト・ロードに行ってみましょう。ここではバザール風のショッピングが楽しめて、インドネシアから来た上質な手作りバティックを手に入れることができます。

最も人気のある観光地の1つであるマーライオンは豊かな歴史を持つことで知られ、観光客らを魅了しています。また、20089月には初のF1シンガポールグランプリ(SingTel F1ファンタスティックアワード)が開かれ、以降毎年恒例となっています。F1史上初めて夜に開催されたこのレースは、アジア、そして世界を代表するナイトレースになりました。

待望の2つのイノベーション:

The Marina Narrows Sandsは世界的に有名な豪華リゾートです。また、セントーサ島は東南アジア有数の観光地であり、世界最大級の水族館があることでも知られています。6つの宿泊施設はメインとなる全体的なスタジオのテーマです。2010年の今年は、インレットに3つのMarina Narrows Promenade gardensがあります。

開発スケジュール

シンガポール政府は、シンガポールの観光産業において、あらゆるケースやイノベーションに対応・管理し、計画を実現化するため、人材強化と資産のセグメントを有するシンガポール政府観光局(STB)を設立。

セグメントの長期的な改善点としては、推進、利益効率、必要な手配、企業の取り決めが含まれ、観光産業の活性化を目指しています。シンガポール政府は観光産業をさらに発展させるため、いくつかのイベントを企画しており、これらのイベントの調整を効率的に行う必要があります。

F1やチンゲイ・パレードのような大規模イベントにおいて、シンガポールは大きな役割を果たしています。ユースオリンピックは今後におけるチャンスだと言えるでしょう。多くの観光客にとって都合がつきやすいよう、STBは大きなイベントが重ならないよう、各イベントの開催期間の調整を図る必要があります。

開催可能なイベント自体は多くはないものの、シンガポールにとっては大きなチャンスであることを考慮して、STBはこれらのイベントを開催する可能性が高まるよう、準備を行うことを求めています。そのため、シンガポール政府が組織的な役割を果たし、シンガポールの観光産業の振興を支援しているのです。

開発会社

同国の観光産業は、安全で素晴らしい都市であるというシンガポールのイメージがより広がるよう、取り組みを進めています。シンガポール政府はストリート アセスメントを利用してルートを継続的に見直し、排水の共同投資計画を推し進め、安全な国であるというイメージを壊さないよう十分な高架橋を建設しています。

最も人気

住所

2-1-1 Nihonbashi Muromachi | 38F, Mandarin Oriental Tokyo, Chuo 103-8328, Tokyo Prefecture

所在地 +81 3-3270-8188

Eメール yashiro@yureiga.com

カテゴリー

To Top