観光開発

シンガポールで開発が進む観光業の種類について

今日、観光産業は世界の主要産業の一つとなっています。世界的な影響力を維持していくためには、シンガポールは観光業の重要性を考慮し、推進していく必要があります。シンガポールはその国土面積は小さいものの、世界で最も急速に成長している国の1つでもあります。

シンガポールの観光産業は成長を続けています。同国の国内総生産 (GDP) に占める割合が約8%と低いことを考慮して、貿易力と経済力を示す重要なショーケースとして、また、東南アジアにおける娯楽、メディア、文化の中心として、シンガポールの観光産業は今後も永く続いていくことが考えられます。

シンガポール政府観光局は、2005年に観光収入を300億ドル、観光客による収入を2倍にすることで、観光産業を経済の中核的な柱にするという目標を宣言しています。 2009年の観光産業の経済成長への貢献度は7.3%で、全体の求人の5.8%でした。2004年の4.1%と比較して、2009年には7.3%へと上昇傾向にあることが明らかになっています。このことから、シンガポールがいかに観光産業から影響を受けてきたか学ぶことができます。しかし、今日のシンガポールにおける観光の影響を理解するには、シンガポール観光の魅力とそれがもたらしたものを考える必要があります。

観光スポットの種類

このエリア方面への旅行を考える人にとってシンガポールは候補になりやすいため、シンガポールの観光産業にとってメリットがあります。シンガポールは東南アジアの中でもトップクラスの地域であり、シンガポールはその恩恵を認識しながら、長年にわたって多くの重要な観光地を生み出してきました。

シンガポールには非常に多くの観光名所があるため、自然の観光地と人工の観光地の2種類の主要なグループに限定し、少なくとも3つの観光地の例を挙げてみましょう。

自然の観光地はより面白い観光スポットと言えるでしょう。自然に焦点を当てた観光地は通常、教育、レジャー、冒険の3つの要素を取り入れています。こういった観光地には人の手がほとんど入っておらず、自然を愛する人にとっては最適な観光地です。高度に経済発展している一方で、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、植物園、セントーサ島など、多くの観光地が残っています。

自然観光地として最初に挙げたいのはまず、国立公園のガーデンズ・バイ・ザ・ベイです。数々の植物を展示したこの公園は地元の人々や外国人観光客を惹きつけ、観光客は楽しむと同時に学ぶこともできる先進的な施設となっています。植物園には世界中から集められた多種多様な植物が展示されています。

アジアで一番人気のガーデン・デスティネーションを設立・運営している点でこの公園は、特別な存在です。その展示される植物の多様さから、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」を訪れることは、世界中のあらゆる庭園を訪れることだとも言えるかもしれません。

民族文化庭園、国立蘭園、ジンジャー・ガーデンズなど、数多くの種類の庭園からなる植物園は、きっと思い出に残るであろう観光地です。シンガポールとその周辺地域の農業生産を支えるために、役に立つ可能性のある植物を収集、開発、実験、出荷するという重要な役割を果たしています。

最も人気

住所

〒103-8328 東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリンオリエンタル東京38F
電話:03-3270-8188

Eメール yashiro@yureiga.com

カテゴリー

To Top